被害者参加制度について

人を死亡させる重大な交通事故を生じさせた加害者は、刑事裁判によって処罰が課せられることになります。

死亡事故のご遺族が、刑事裁判で明らかになる真実を知りたい、被害感情を訴えたいと思うのは当然のことであり、尊重されるべきことです。
そのような方々のために、刑事裁判に参加し一定の訴訟活動を行うことができる、被害者参加制度というものがあります。

刑事裁判の流れに沿って、被害者参加制度でできることを説明させていただきます。
 

刑事裁判の流れ

1.起訴状の朗読
2.証拠の調べ
3.証人への尋問
4.被告人への質問
5.論告・求刑(検察官の主張)
6.最終弁論(弁護人の主張)
7.判決
 

被害者参加でできること

①裁判に出席できます。(法廷の中に着席)
②検察官の訴訟活動について説明を求めたり、意見を述べたりできます。
③3において、証人に尋問をすることができます。
④4において、 被告人(加害者)に質問をすることができます。
⑤5の後、裁判官に心情、論告、求刑の意見を述べることができます。

この被害者参加は、弁護士が代理することもできます。
加害者と顔を会わせるのは辛い、死亡事故を思い出して辛くなる、法律に自信がない、仕事を休めないなど、様々な理由から、被害者参加をしたくてもできない方はたくさんいらっしゃいます。

 
しまかぜ法律事務所では、ご遺族が希望する内容に応じた刑事裁判への被害者参加を、無料で行っています。

民事上の賠償請求を行うだけでなく、刑事裁判から事件の真相を知ることや被害感情を訴えることは、事件解決にあたって不可欠と考えるからです。
そのため、民事の報酬以外に、刑事の被害者参加の報酬を請求することはありません。

刑事裁判に参加して、真相を知りたい方、被害感情を訴えたい方は、ぜひ、しまかぜ法律事務所にご相談ください。

 

お問い合わせ・無料相談

 

ページの上部へ戻る